本文へ移動

医療ガス

医療用ガスが医療機関のお手元に届くまでには、いくつかの工程があります。例えば、医療用酸素ガスの製造プラントは大量に酸素を消費する場所、主に石油コンビナートや製鉄所に設置され、ここで厳格な品質管理の下、-183℃という極低温の液化酸素が製造されます。この生産基地で製造された液化酸素ガスをタンクローリー車にて医療機関に直接お届けしています。またボンベでガスをお使いのお客様には医療用酸素ガスの充填許可を取得した工場で、医薬品としての圧縮酸素ガスをボンベに充填してお客さまにお届けしています。
また、この他にボンベ利用の医療ガスとして、医療用二酸化炭素、医療用亜酸化窒素(笑気ガス)、医療用窒素ガスなどがあり、医療用酸素ガスと同様、許可工場でボンベに充填してお客様にお届けしています。
TOPへ戻る