本文へ移動

在宅酸素療法関連機器

在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy)関連機器

[濃縮器方式]

大気より酸素ガスを抽出(濃縮)、除菌・除湿等を行ったガスを供給します。電源スイッチを操作し、流量セットするだけで気軽に90%程度の酸素ガスを発生させる事ができます。
しかし、電力を必要としますので停電等の際はご利用する事はできません。また、当社は医薬品医療機器等法や医療関連サービスマーク(マル適マーク)に対応し、安全性とともにサービス向上にも努めています。

[液体酸素方式]

医療機関へ供給されている高品質の酸素ガスが液化(-183℃以下)され充てんされています。ご使用時には液体が蒸発してガス体で供給されます。また、無騒音で電源を必要としないため停電等の災害時でも酸素ガスの供給が可能です。
また、容器内の酸素ガスはご使用に伴い減少しますので月に数回の容器交換を行っていきす。
酸素ガスを携帯するには…

[携帯パターン1]

酸素濃縮器等から離れた場所に移動する際、また機器に不具合が発生した場合に酸素ガスボンベを使用します。
現在ではお年寄りの方にも持ち運べるようFRP製の軽量容器が主流になっています。
酸素ボンベ中のガスには限りがありますのでより長時間のご利用が可能な“呼吸同調器”を付属させてるケースが多くなっています。
「乾電池使用タイプ」「圧力調整器一体タイプ」「電源不要タイプ」等の様々な機種があり、患者様の好みに合わせて選択する事ができます。

[携帯パターン2]

液体酸素方式を利用している場合は酸素ガスを小容器に小分けして持ち運ぶ事が可能です。
外出頻度が多い方には必要時に“酸素ボンベがない!”という心配がありません。
 
 
 在宅酸素療法
 慢性呼吸不全患者さんの生活の質(QOL:
 クオリティ・オブ・ライフ)の改善を
 実現します。
 
TOPへ戻る