「安心」を届けて「生きる」を支える

医療機関や在宅医療で使用されるガスのほとんどは、薬機法(略名)で規定されている医薬品。品質はもちろんのこと、取扱いもしっかりと定められています。命を支えるものだから、信頼がものをいう医療ガスの供給。
第一開明は、病院からご家庭まで、高品質な医療ガスや機器を供給し、患者様のQOL(Quality Of Life)向上に貢献して「生きる」を支えています。

医療ガス

医療用ガスが医療機関に届くまでにはいくつかの工程があります。

例えば医療用酸素ガスの場合、製造プラントは大量に酸素を消費する石油コンビナートや製鉄所に設置され、 厳格な品質管理の下、-183℃という極低温の液化酸素が製造されます。この製造された液化酸素ガスをタンクローリー車にて 医療機関に直接お届けします。また、ボンベでお使いのお客様には、医療用酸素ガスの充填許可を取得した工場で、医薬品としての圧縮酸素ガスをボンベに充填してお客様にお届けします。

 

この他にボンベ利用の医療ガスとして、医療用二酸化炭素、医療用亜酸化窒素(笑気ガス)、医療用窒素ガスなどがあり、 医療用酸素ガスと同様、許可工場でボンベに充填してお客様の元へお届けしています。

医療ガスフロー


在宅酸素療法

HOT(Home Oxygen Therapy)

趣味・社会生活の持続、旅行の実現など、日々の生活と療養の両立をサポート。

慢性呼吸不全や肺高血圧症の患者様が自宅で酸素吸入を行う「在宅酸素療法」。日常生活と療養の両立が可能で、 運動能力の改善や入院回数の減少などといった医学的効果が確認されている在宅医療のひとつです。

第一開明は、「医薬品医療機器等法」や「医療関連サービスマーク(マル適マーク)」に対応し、患者様の元へ安心安全な 製品を届け、メンテナンスからトラブル対応まで24時間サポートしています。

 

在宅酸素療法酸素供給装置の保守点検業務


在宅酸素療法関連機器

在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy)関連機器

濃縮器方式

濃縮器方式

大気より酸素ガスを抽出(濃縮)、除菌・除湿等を行ったガスを供給します。電源スイッチを操作し、流量セットするだけで気軽に90%程度の酸素ガスを発生させる事ができます。
しかし、電力を必要としますので停電等の際はご利用する事はできません。また、当社は医薬品医療機器等法や医療関連サービスマーク(マル適マーク)に対応し、安全性とともにサービス向上にも努めています。

液体酸素方式

液体酸素方式

医療機関へ供給されている高品質の酸素ガスが液化(-183℃以下)され充填されています。ご使用時には液体が蒸発してガス体(気体)で供給されます。また、無騒音で電源を必要としないため停電等の災害時でも酸素ガスの供給が可能です。
また、容器内の酸素ガスはご使用に伴い減少しますので月に数回の容器交換を行っていきす。

酸素ガスを携帯するには…

携帯パターン1

携帯パターン1

酸素濃縮器等から離れた場所に移動する際、また機器に不具合が発生した場合に酸素ガスボンベを使用します。
現在ではお年寄りの方にも持ち運べるようFRP製の軽量容器が主流になっています。
酸素ボンベ中のガスには限りがありますのでより長時間のご利用が可能な“呼吸同調器”を付属させてるケースが多くなっています。
「乾電池使用タイプ」「圧力調整器一体タイプ」「電源不要タイプ」等の様々な機種があり、患者様の好みに合わせて選択する事ができます。

携帯パターン2

携帯パターン2

液体酸素方式を利用している場合は酸素ガスを小容器に小分けして持ち運ぶ事が可能です。
外出頻度が多い方には必要時に“酸素ボンベがない!”という心配がありません。

在宅酸素療法は

慢性呼吸不全患者さんの生活の質(QOL:Quality Of Life)の改善を実現します。


医療ガスインタビュー

インタビュー

お客様のお困りごとや
ニーズに応える総合力

医療分野 営業担当

 とある中規模病院では、酸素の供給にボンベを使用していましたが使用量が多く、頻繁に業者へ補充・交換の連絡をしており、在庫管理の手間と連絡忘れといった人為的ミスのリスクもあったため、病院では酸素供給に不安を感じていた様子でした。
 そこで、ガスの使用量が多いお客様に適している供給方法である「CE 方式」での酸素供給を提案し、酸素在庫量を増やすと共に定期配送するなど、病院の不安を解消し、更にはコスト削減にもご協力できました。

 医療現場で使用されるガスは、命に関わるもの。高品質な製品を安定かつ安心してご使用いただくため、トラブル等があった時の対応も敏速さを求められます。

 第一開明では「北上総合ガスセンター」と「技術部」があることにより、医療ガス、供給設備、施工、メンテナンスまで自社で一貫したサービス提供が可能です。お客様にとっての最適な環境をご提案することができます。

ページTOPへ